マーティン・スコセッシ、ジョージ・ハリソンのドキュメンタリー映画を監督

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ジョージもあの世で喜んでいることでしょう - Dale Wilcox/WireImage.com

 『ディパーテッド』のマーティン・スコセッシ監督が、ビートルズの元メンバーであるジョージ・ハリソンのドキュメンタリー映画を監督することが明らかになった。ヴァラエティ紙が伝えたところによると、映画にはハリソンの未亡人オリビアもプロデューサーとして関わるそうで、ビートルズメンバーであるリンゴ・スターポール・マッカートニーもこの企画に参加するそうだ。映画では2001年11月に亡くなったハリソンの生涯が描かれ、ビートルズ時代のほかに、ソロ活動や映画製作に携わっていた時も描かれる予定だ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]