ヘレン・ミレン、新作映画では売春宿を経営

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヘレン・ミレン - Eamonn McCormack/WireImage.com

 英国を代表する女優としてデイム(Dame)の称号を授与され、『クィーン』ではエリザベス女王役を演じアカデミー主演女優賞を受賞したヘレン・ミレンが、売春宿を経営する女性役を演じることが決まった。作品は『ラブ・ランチ』(原題)で、ミレンはジョー・ペシと共に、ネバダ州で米国初の合法的な売春宿を開いた夫婦役を演じる。映画は、実際に初の合法的な売春宿を開いたジョー&サリー・コンフォルテ夫妻の物語を基にしていて、同夫妻の売春宿では元ヘビー級世界ランカーであるオスカー・ボナベナが1976年に銃で撃たれて死亡している。監督はミレンの夫であり、『ホワイトナイツ/白夜』以来のコンビとなるテイラー・ハックフォードがあたり、撮影は来年1月末からニューメキシコ州アルバカーキで行われる予定だ。
関連情報:ヘレン・ミレン、忙しすぎて女王に会えず
関連情報:ヘレン・ミレン、女王にふさわしいお城を購入?

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]