ヴィゴ・モーテンセン、エドガー・アラン・ポーにふんする?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ヴィゴ・モーテンセン

 ヴィゴ・モーテンセンが、「アッシャー家の崩壊」や「モルグ街の殺人事件」などで知られる推理小説の父エドガー・アラン・ポーにふんするかもしれない。インターネットサイトCinemablendが伝えたところによると、シルヴェスター・スタローンが数年前から企画している伝記映画『ポー』(原題)の主演であるポー役をモーテンセンにオファーしたそうだ。モーテンセンもオファーに前向きな検討をしているそうだが、脚本の若干の修正を求めているそうだ。ポーは数々の推理小説を発表するものの、貧窮の中で次第に酒に溺れるようになり、1849年に泥酔して意識不明のところを発見されるが意識が回復せずに40歳の若さで亡くなっている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]