レオナルド・ディカプリオ、幼少のハードな思い出

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レオナルド・ディカプリオ

 レオナルド・ディカプリオが、幼いころ育ったカリフォルニアの町は「麻薬と娼婦の町」だったと語った。ディカプリオはデイリー・ミラー紙で、「僕と母親は、まるでハリウッド映画やウェスタン映画のような世界に住んでいたんだ。つまり、麻薬ディーラーと娼婦の町さ。何度も殴られたし、誰かが路地でセックスしているのも見た。5歳のころ、トレンチコート姿の男に追いかけられたよ」とコメント。この体験は、ディカプリオに麻薬との距離を置かせることになったそうで、「近所でヘロイン中毒を目にして、自然と自分が麻薬と距離を置くようになった。あれは悪魔だよ」と語った。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]