堀北真希と石田卓也、コワイおじさんたちにいじめられて、もうヘトヘト!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
コワイおじさんたちに挟まれた若者たち

 16日、都内で映画『東京少年』の完成披露試写会が行われ、主演の堀北真希石田卓也平野俊一監督、そして丹羽多聞アンドリウプロデューサーが舞台あいさつを行なった。

 「男性と女性、2つの人格を演じ分けられるか不安で……。(石田と)コミュニケーションする余裕さえなく、役づくりに必死でした」と難役を演じた堀北は語った。 そんな彼女の役者としての著しい成長を、丹羽多聞プロデューサーは「僕は毎回、ヒロイン役の女優をいじめるのが趣味で(笑)。前回(『恋する日曜日 私。恋した』)同様、今回も難題をふっかけたけど、期待以上に素晴らしい芝居をみせたね」と大絶賛。

 さらにこの日のストールを肩にかけて、堀北のすっきりとしたいでたちは「この作品の撮影は1年前。改めて今の彼女に会って、すごいオーラだな、ある意味コワイなぁと思いました。近い将来は、日本を代表する女優になるでしょう」と平野監督が絶賛してしまうほどであった。

[PR]

 恋人を演じた石田も「女と男のとき、走り方、歩き方、座り方、しぐさとか細かいところまで演じわけていて、真希ちゃんは本当にすごかった!」と話し、その一方では「真希ちゃんとなぐり合うシーンが一番つらかった。何回も何回も“もう1回!”と言われ、僕は監督にいじめられてたんじゃないかと思います」としょんぼり……。そんな繊細(せんさい)な石田について「彼は、着実に演技を吸収していく中で、でも初々しさもしっかりとあって。そのフレッシュな部分が彼の魅力で、これからもなくさないでいてほしい」と監督からのエールが。監督の親心から現場では厳しくされていたことをようやく悟った石田は、終始硬い表情で言葉少なめだったが、「うれしいです!」と満面の笑みをみせていた。

 『東京少年』は男と女、2つの人格を持つ少女(堀北)と医学部志望の浪人生(石田)との“三角関係”を描く純愛ストーリー。

映画『東京少年』は2月2日より新宿トーアほかにて全国公開
オフィシャルサイト w3.bs-i.co.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]