マリエ「アーガイル柄は水谷豊さんも絶対似合う!」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左から、マリエ、大沢あかね、BoA

 26日、新木場Studio Coastで女性ファッション誌「ViVi」の創刊25周年を記念してニューイヤー・パーティーが開催され、同誌トップモデルのマリエ、歌手のBoA、タレントの大沢あかねらが約1800人の観客を前に、ファッションショーやライブなどを繰り広げた。

 バラエティー番組では、セレブ系アイドルとしても活躍中のマリエは、マスコミ陣に理想の男性像を聞かれ、「あこがれは水谷豊さん! 渋いスーツを着こなすカンジが大好き!」と欧米のセレブ系ではなく、シブイ日本のオヤジ系に好みがシフトしていると公言。ちなみに好きな映画は、映画『あの頃ペニーレインと』なのだと言い、映画『ラッキーナンバー7』で「ジョシュ(・ハートネット)がアーガイル柄のベストを着こなしているのが、かっこいい~!! 水谷さんも絶対似合うと思います!」と最新の流行にアンテナを張りめぐらす一方で、伝統的なファッションもしっかり愛する、という古風な一面も見せていた。

 「マリエは普段、ニコール(・リッチー)、リンジー(・ローハン)、パリス(・ヒルトン)ら現代の欧米系セレブをアイコンにしているけど、実はかねてから1960年代のファッションにも造詣が深い」(ViVi女性編集者)ということから、3月号「ViVi」では、マリエが1960年代のヒロイン、イーディ・セジウィックにふんして“成り切りイーディ”スタイルを披露することになったそうだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]