三宅裕司が二重生活を告白!? 「2つの家庭を持っていた」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
バージンロードを歩く藤沢恵麻と三宅祐司

 2日、東劇で映画『結婚しようよ』の初日舞台あいさつが行われ、主演の三宅裕司真野響子藤澤恵麻岩城滉一モト冬樹入江若葉松方弘樹金井勇太中ノ森BANDコザック前田ガガガSP)、そして佐々部清監督の総勢14名が登壇した。

 この日は、映画の内容にちなんで、父親役の三宅がモーニングの正装姿、その娘を演じた藤澤が純白のウエディングドレスを着て登場。2人そろって、バージンロードに見立てた劇場内の中央通路を歩いて入場する、まるで本物の結婚式のようなサプライズ演出が行われ、客席からは祝福の声が巻き上がった。「今日は、うちの娘の結婚式に集まっていただき、ありがとうございます」と三宅。撮影中は、妻役の真野、藤澤ら共演者とも家族のように仲が良かったそうで「まるで2つの家庭を持ってる感じだった」と振り返った。

 また三宅は、自分の20歳になる娘について「いつかこういう日が来るのかなぁ……今日はいい予行演習ができた」と劇中の父親さながらシンミリした様子。「R45(45歳以上向け)の映画だと言ってきましたが、家族そろって、特に若い人にも観てほしい。結婚生活に夢が持てるはず」と映画をアピールしたが、初日を迎えたことで、ついに主演作を“嫁がせた”寂しさに少しうつむき加減の三宅だった。

[PR]

 『結婚しようよ』は、若いころプロのミュージシャンを目指しながら、結婚を優先し、以来30年間、家族のために頑張り続けた父(三宅)と家族のきずなをハートウォーミングに描いた感動作。劇中には団塊世代のヒーローである吉田拓郎の名曲20曲が散りばめられている。

映画『結婚しようよ』は東劇ほかにて全国公開中
オフィシャルサイト kekkon-movie.com

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]