実写版映画『ドラゴンボール』田村英里子に続き新たな日本人の参加が!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
こちらは、悟空と仲間たちが訪れる寺の侍者役のアーニー・ハドソン - Mathew Imaging / filmmagic.com

 実写版映画『ドラゴンボール』(仮)で、田村英里子に続いて新たな日本人の参加が明らかになった。JAC出身のスタントマン飯塚吉夫が、ランダル・ダク・キム(『マトリックス』シリーズでのキーメイカー役)演じる孫悟飯のスタントを担当するそうだ。飯塚は映画『硫黄島からの手紙』や映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』、映画『M:i:III』など数々のハリウッド大作でスタントを担当した人物で、本作でも派手なアクションシーンが見られることが期待される。

 また、映画『ゴーストバスターズ』シリーズのウィンストン役や映画『デンジャラス・ビューティー』シリーズでのサンドラ・ブロックの上司マクドナルド役で知られるアーニー・ハドソンが、役名は明らかにされていないが、ジャスティン・チャットウィン演じる悟空と仲間たちが訪れる寺の侍者役に決まったそうだ。

関連記事:実写版映画『ドラゴンボール』の孫悟飯役は『マトリックス リローデッド』のキー・メーカーに決定
関連記事:実写版映画『ドラゴンボール』、視覚効果は『ターミネーター』のADI社が担当
関連記事:実写版映画『ドラゴンボール』亀仙人役はチョウ・ユンファに決定
関連記事:実写版映画『ドラゴンボール』ヤムチャ役も決定!エミー・ロッサムの名前も!
関連記事:田村英里子、ブログで大興奮!実写版映画『ドラゴンボール』への出演決定喜ぶ
関連記事:『ドラゴンボール』実写版の悟空役が決定!世界公開は来年8月

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]