ニコラス・ケイジ、訴訟起こす!「気持ち悪いとはなにごとだ!」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ニコラス・ケイジご立腹!

 ニコラス・ケイジが、1986年の映画『ペギー・スーの結婚』で共演したキャスリーン・ターナーに対し訴えを起こした。これはターナーが、最近出版された自伝「センド・ユアセルフ・ローゼズ」の中でケイジの撮影現場での態度についてつづった言葉が原因とのこと。ケイジの弁護士は、「誤った内容が書かれている。法的プロセスにかかわるのでこれ以上はコメントできない」としているが、ターナーは自伝の中で、ケイジの声について「気持ち悪い」と酷評したり、ケイジが撮影中に酒気帯び運転で逮捕された、などとつづっているそう。

関連記事:業界人震撼!ニコラス・ケイジなど元共演者の悪口がてんこもりのキャスリーン・ターナーの自伝

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]