実写映画版「AKIRA」は2部作構成!レオナルド・ディカプリオはプロデューサーとして参加

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レオナルド・ディカプリオ

 ワーナー・ブラザースによって実写映画される大友克洋の人気漫画「AKIRA」が、2部作の構成で製作されることが明らかになった。ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、『フィフティ・パーセント・グレイ』(原題)でアカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされたアイルランド人監督ライリー・ロビンソンがメガホンを取り、レオナルド・ディカプリオが自ら主宰する制作会社アッピアン・ウェイを通してプロデューサーの一人として参加することが決まった。脚本はゲイリー・ウィッタが手掛け、日本資本によって再生されたニュー・マンハッタンを舞台にストーリが展開される。1作目の公開は2009年夏の全米公開を予定していて、プロデューサーとして参加するディカプリオが主演も務めるのではと期待されている。

AKIRA公式サイトbandaivisual.co.jp

関連記事:「AKIRA」の実写映画版の監督決定か

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]