泰葉、支離滅裂なトークに観客は置いてけぼり…

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
にぎやかなお2人 林家いっ平と泰葉

 5日、有楽町朝日ホールで映画『ダージリン急行』のトークショー付き特別試写会が行なわれ、タレントの泰葉と落語家の林家いっ平が登壇。バラバラの3兄弟がインドを旅しながら兄弟のきずなを深めていく、という映画のストーリーにちなみ、姉弟で赤裸々トークを繰り広げた。(この映画のフォトギャラリーはこちら)

 泰葉は「レッドカーペットを歩きに来ました」といわんばかりの右肩を露出した白いセクシードレス姿で登場。「どうもすいません! 離婚会見より派手ですねぇ。こっちがカタなしです」といっ平が得意のシャレで客席に頭を下げてトークショーはスタートした。劇中で次男を演じたエイドリアン・ブロディがお気に入りという泰葉は「わし鼻がすてき。(春風亭)小朝さんもわし鼻だったから。明日が誕生日だからプレゼント買ったもん!」と自ら元夫の名前を出したと思いきや「だからって復縁はないからね」ときっぱり独身をアピール。「少年っぽくて守ってあげたいような人がいい! 小栗旬さんとか。『映画 キサラギ』っていう映画が良かったらしくて。まだ観てないけど」と支離滅裂な泰葉の急行ならぬ新幹線トークに客席はついていけず「……」。泰葉はそんなことにお構いなし、といった調子で「えっ、映画のお客さんってこんな静かなんだ。落語と違うねぇ。ていうか映画を観にきてるんだからこんなトーク聞きたくないもんね。あれ、拍手とかは?」と客席に笑いを強要するかのような勢いだった。

 とはいえ泰葉は話題を一転、「弟が来年、三平を襲名するので」と話し始めると客席からはやっと大きな拍手が。しかしながら「一部拍手してない人もいるんですけど」といっ平がこれまた拍手を強要(?)すると「いいじゃない! 認めてない人もいるんだから。わたしだってヤダ。わたしがなりたいもん」と客席を沸かせた一方で「兄弟はケンカしたりしても一緒の列車に乗ってるんだ、って思うと感慨深い。最後は泣きました」と映画の感想を語っていた。

[PR]

 いっ平も「この映画に登場するお母さんとウチのお袋は似ている。バラバラになった兄弟をまとめようとしているところなんてねぇ」と話すと、「今のコメントはやばかった~! 一部がバラバラになりそうな……」と意味深なコメント。海老名家ののっぴきならない事情(?)を垣間見せつつも、「もう、前へ進むしかない!」と宣言して姉弟のきずなを深め合っていた。

 『ダージリン急行』は、大人になりきれない3兄弟がダージリン急行に乗って魅惑のインドを旅する、希望と再生のロードムービー。

映画『ダージリン急行』は3月8日よりシャンテシネほかにて全国公開
オフィシャルサイト darjeeling-movie.jp

関連記事:北野監督を絶賛!『ダージリン急行』のウェス監督に直撃インタビュー!
{link text="関連記事:ウェス・アンダーソン監督、ストックホルム映画祭で賞を受賞
" url="http://cinematoday.jp/page/N0011786"}

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]