市原隼人と石田卓也もびっくり!ぞくっとするほど色っぽい声の持ち主は意外にも……

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
後列左から 塚本監督、冨浦智嗣、賀来賢人 前列左から 加治将樹、佐々木蔵之介、市原隼人、麻生久美子

 19日、映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の完成披露試写会が、新宿厚生年金ホールで行なわれ、市原隼人佐々木蔵之介麻生久美子石田卓也加治将樹賀来賢人脇知弘冨浦智嗣小柳友、そして塚本連平監督の総勢10人が勢ぞろいした。

 この日、出演者の中で最も目立ったのは冨浦智嗣。声だけ聞いていると「あれ? 女優の麻生久美子が話しているの?」と思わず聞き間違えるほどしとやかで女らしい声に、客席からは「一体これは誰だ?」とどよめきの声が沸き起こった。本人はそんなことをまったく気にせずにオネエ言葉でノリノリ。映画の中ではセーラー服を着て大活躍のシーンもあるが、「みんな似合っているよって言ってくれました。特に加治くんが気に入ってくれてずっとチェックしてくれました、アハハッ」と演じたそのままの中性的なキャラクターで爆走し、会場を笑いに包んでいた。

 主演の市原隼人と石田卓也は、市原が1987年2月6日生まれ、石田が同年2月10日生まれと非常に近く、お互いどういう印象を持っているのか気になるところ。石田は市原について「集中力がハンパじゃない。深く深く考えて、でも出てくるものはすごくシンプルで……」となんとなく微妙な言い回しになってしまい「あっ、これはいい意味で言ってるんですよ」と慌ててフォロー。市原に「いきなり聞かれたから……ゴメンネ」と謝っていた。本作では現在大活躍中のこの二人の人気俳優の共演にも注目だ。

[PR]

 映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』は、アクセス・ランキング18か月ナンバーワンの記録を更新中の超人気ブログ小説の映画化。1979年の平和な田舎町を舞台に、高校生7人が駐在さんと繰り広げるイタズラ合戦をコミカルに、時には涙ありでつづる青春映画だ。

映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』は4月5日より、渋谷シネマGAGA!他全国にて公開
オフィシャルサイト bokuchu.gyao.jp

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]