サマンサ・モートン、メール魔の男がハラスメント容疑を逃れる

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
サマンサ・モートン - Frazer Harrison / Getty Images

 サマンサ・モートンにメールを送りつけるなどの嫌がらせをしたとされる男が、ハラスメントの容疑を逃れた。このイギリス人男性は、モートンとモートンの代理人である女性に頻繁に手紙やメールを送ったとして訴えられていた。手紙やメールはモートンの代理人が受け取り、彼女がモートンへ転送したのは1度だけだったため、イギリスの地方裁判所はモートンへのハラスメント容疑は認めないものの、代理人へのハラスメント容疑を認め、12週間の禁固刑を申し渡した。裁判の中でモートンは、「非常に怖く感じた」と語り、自宅にセキュリティ・カメラを設置したと語っている。一方この男は、ハラスメントの事実を否定し「確かにメールしたり電話したが、それのどこが犯罪なんだ?」と反論していた。

関連記事:サマンサ・モートン、監督業に挑戦
関連記事:サマンサ・モートン、イアン・ホルムの息子と婚約

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]