シャイア・ラブーフ、アンソニー・ミンゲラ監督の遺作へ出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シャイア・ラブーフ - Jordan Strauss / wireimage.com

 逮捕騒動で私生活は乱れ気味のシャイア・ラブーフが、3月18日に亡くなったアンソニー・ミンゲラ監督がメガホンを取る予定だった映画『ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー』(原題)へ出演するとハリウッド・レポーター紙が伝えた。同作は、アンソニー監督の遺作となった脚本を基に映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』のシェカール・カプールが代わりにメガホンを取る。ジュリー・クリスティジョン・ハートも出演し、シャイアにとっては映画『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』に続くジョンとの共演となる。物語は不思議な結びつきを持った男女を主人公にした、アンソニー監督の1991年の映画『愛しい人が眠るまで』と似ている内容だ。撮影はマンハッタンのアッパー・イースト・サイドで行われる。

 『ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー』(原題)は、映画『パリ、ジュテーム』のように1編5分の短編映画を12人の監督が撮っていくオムニバス映画で、ヘイデン・クリステンセンイーサン・ホークケヴィン・ベーコンロビン・ライト・ペンなど豪華スターが顔をそろえる。また、スカーレット・ヨハンソンナタリー・ポートマンが初メガホンを取ることで注目を浴びている。

【関連記事】『インディ・ジョーンズ4』のシャイア・ラブーフに逮捕状!
【関連記事】3月1日、インディ・ジョーンズにやっと会える!続編の予告編が劇場初お披露目!
【関連記事】父はドラッグの元売人…ブレイクしたスピルバーグの秘蔵っ子がプライベートを赤裸々告白!

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]