シャイア・ラブーフ、スリラー映画で主演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
シャイア・ラブーフ

 先日、アンソニー・ミンゲラ監督の遺作へ出演が決まったばかりのシャイア・ラブーフが、ユニヴァーサル・ピクチャーズの新作映画『ザ・ダーク・フィールズ』(原題)へ出演するとハリウッド・レポーター紙が伝えた。同作は、アラン・グリンの小説「ブレイン・ドラッグ」を映画化するもので、知性を増強する新薬を服用し、人生の勝ち組になった男の恐怖の末路を描くスリラーで、映画はデヴィッド・フィンチャー監督の映画『ファイト・クラブ』『ゲーム』のようなスリリングな展開となる。監督は映画『幻影師アイゼンハイム』のニール・バーガーがあたり、レスリー・ディクソンスコット・クルーフがプロデュースする。

 小説「ブレイン・ドラッグ」の主人公は売れない小説家の三十男で、21歳のシャイアには年齢的に合わない役柄に思えるが、どこにでもいるようなちょっとダサ目の少年の雰囲気を持つシャイアは、ひょんなことで人生の勝ち組になる若者役にぴったりだろう。

【関連記事】『インディ・ジョーンズ4』のシャイア・ラブーフに逮捕状!
【関連記事】父はドラッグの元売人…ブレイクしたスピルバーグの秘蔵っ子がプライベートを赤裸々告白!
【関連記事】『トランスフォーマー』の主演俳優が逮捕!なぜかスーパーに不法侵入!

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]