美少女に成長した「ナルニア」の末っ子ルーシー、「ハグさせてくれるから大好き」とラブラブ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左から、ウィリアム・モーズリー、ジョージ・ヘンリー、花束嬢の関根麻里、ベン・バーンズ、マーク・ジョンソン

 19日、パークハイアット東京にて映画『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』の来日記者会見が行われた。キャストは前作から出演している4人兄弟の長男役ウィリアム・モーズリーと次女役ジョージー・ヘンリーに、今回新たにカスピアン王子役として加わった新星ベン・バーンズ、そのほかアンドリュー・アダムソン監督とプロデューサーのマーク・ジョンソンが出席した。【関連写真はこちら】

 前回の来日時よりぐっと大人びて美少女に成長していた末っ子ルーシー役のジョージ・ヘンリーは、「7歳のときからこの作品にかかわって、素晴らしい人たちにめぐり会えたわ。(隣にいる兄役の)ウィリアムは、いつもハグさせてくれて大好き」と見つめ合いラブラブの様子。本当の兄妹のように仲むつまじい様子を見せた。さらに、すでに決まっている3作目について「次の作品はシリーズの中で一番好きだし、さらに新しいキャラクターが出てくるので共演するのが楽しみ!」と早くも次回へ向けての抱負を語った。

 一方、ナルニア王国に希望をもたらすカスピアン王子を演じたベンは、オーディションで選び抜かれたイギリス出身の超美形俳優。「この王子は典型的な王子ではなくて、自分の置かれた立場や責任を重く感じている。そのあたりをきちんと描写するよう心掛けた。自分自身もこの作品にかかわって注目されるようになったけど、まだ状況に慣れていないところがあるよ」と初々しくコメント。役柄同様に、新しい環境で戸惑いながらも成長しようとする様子をうかがわせた。

[PR]

 『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』は、C・S・ルイスによる原作をディズニーが映画化したファンタジーシリーズ第2弾。人間とナルニアの間で苦悩する悲劇の王子・カスピアンが登場するほか、壮大なアクションシーンが展開する。

映画『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』は5月21日より全国公開
オフィシャルサイト disney.co.jp

【関連記事】ナルニア王子が再来日!ファン乱入のハプニングにも余裕の笑顔で対応
【関連記事】織田裕二のモノマネで大ブレイク中の山本高広が「ナルニア、キター!」
【関連記事】終始ラブラブ!新婚ホヤホヤの大地真央がワールド・プレミアでツーショット初披露
【関連記事】関根勤の娘、麻里の好きな男性は、高田純次、柳沢慎吾とおじ様!父もびっくり?
【関連記事】色白王子の尾上菊之助、遅刻の危機!白馬ならぬハイヤーが迷った!
【関連記事】超イケメン!ナルニアの王子来日!女子はメロメロでブレイク間違いなし?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]