末期のすい臓ガンのパトリック・スウェイジ、笑顔でバスケ観戦

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
パトリック・スウェイジ - Bryan Bedder / Getty Images

 今年3月、末期のすい臓ガンにかかっていると報道されたパトリック・スウェイジが、妻のリサ・ニーミと共にバスケットボールの試合を観戦した。ロザンゼルス・レイカーズvsサン・アントニオ・スパーズのプレイオフ・ゲームを観戦に訪れたスウェイジは、体も顔つきもすっかり痩せてしまってはいるものの、ときおり満面の笑顔を見せるなど、リラックスした様子で試合を楽しんだ。スウェイジのガンが明らかとなった際、余命数週間というショッキングな報道もなされたが、3月に発売されたピープル誌では担当医師が「治療によく反応している。余命数週間とか、副作用がひどいといった報道は誤りで、我々はもっと楽観視している」と語っていた。スウェイジが公の場に姿を現すのはガンの告白以来のことで、重病を患い化学治療を受けながらも、前向きに活動する姿を見せてくれた。

【関連記事】すい臓ガン…余命が数週間については否定
【関連記事】パトリック・スウェイジ、ラップに挑戦?
【関連記事】スカーレット・ヨハンソン、パトリック・スウェイジに泣かされる

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]