佐藤浩市の変顔は衝撃!『ザ・マジックアワー』舞台挨拶は“ザ・ダブルコーチャンアワー”に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
佐藤浩市による衝撃の変顔!劇中でもやってます!

 29日、有楽町朝日ホールで映画『ザ・マジックアワー』のイベント試写会が行われ、監督の三谷幸喜佐藤浩市の“ダブルコーチャン”コンビが登壇した。舞台は赤いカーテンと月のセットが配置され、劇中に登場するレストランをイメージした作りになっていた。【関連作品の写真ギャラリーはこちら】

 登場早々に三谷監督は「共産圏みたいになってますけど、これは映画に登場するものなので安心してください」と観客を笑わせ、「これは劇中で深津絵里さんが……」と月のセットの説明を始めた。映画の内容に触れ過ぎる説明に危険を感じた佐藤が「三谷さん、まだ皆さん映画観てないんですから!」とクギを刺すも、「これは劇中で深津絵里さんが……」と負けじと佐藤も同じ説明を始め、“迷コンビ”のコントに会場の熱はさらに高まった。三谷監督が佐藤の「ひっそりと深夜のバラエティー番組のオビを持ちたい」という意外すぎる将来の夢を暴露するなど、司会者要らずの舞台あいさつに会場からは終始拍手と笑いが巻き起こっていた。

 上映後、テーマ曲演奏のために再び舞台に現れた三谷監督と佐藤だが、佐藤は劇中の村田大樹に成り切り、まゆ毛を太く書いて登場。ニヒルに「村田です。この話し方、唇が痛いです」と自己紹介するも、三谷監督から「佐藤さん」と普通に呼びかけられ、アタフタする一面も。本作の見どころの一つである顔芸について佐藤は「脚本には猟奇的な笑顔としか書いてなくって……。妻や子どもが寝静まったときを見計らって、鏡の前で変な顔を練習してました」と実演を交えながら、苦労エピソードを聞かせてくれた。また佐藤は「脚本は役者に向けたラブレターだと三谷さんは言うけれど、今回は挑戦状としか思えなかった」と“三谷コメディー”の難しさを語った。

[PR]

 テーマ曲演奏では、荻野清子のピアノをバックに佐藤は劇中せりふの朗読とシンバル。三谷監督はリコーダー、ピアニカ、パーカッションを器用にこなした。楽器を落とし、三谷監督が床をはうハプニングもあったが、演奏は無事終了。拍手喝采(かっさい)の中、達成感満々の2人は手を握り合って大きくお辞儀をし、笑いに包まれた“ザ・ダブルコーチャンアワー”の幕を下ろした。

映画『ザ・マジックアワー』は6月7日より全国東宝系ほかにて全国公開
オフィシャルサイト magic-hour.jp

【関連記事】綾瀬はるかはオヤジキラー!? 三谷監督も思わず特別扱いに…!
【関連記事】三谷監督と佐藤浩市に確執? ヒヤッとするやり取りに会場爆笑
【関連記事】児童売買や臓器密売を描く『闇の子供たち』に宮崎あおいや妻夫木聡出演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]