寅さん、浜ちゃんに続く松竹映画の国民的キャラなるか?大沢たかおに期待大!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
『築地魚河岸三代目』主演の大沢たかおと、田中麗奈

 7日、丸の内ピカデリー2にて、映画『築地魚河岸三代目』の初日舞台あいさつが行われ、大沢たかお田中麗奈伊原剛志森口瑤子伊東四朗松原信吾監督が登壇した。

映画『築地魚河岸三代目』の関連写真ギャラリー

 午前の上映が終わった直後、6人が登壇すると満席の会場からは大きな拍手が起こった。松原監督は「劇場がガラガラ状態の夢を見たり、みなさんが来てくれるか不安でしょうがなかった。今はここから駆け降りて、お客さんひとりひとりを抱きしめたいぐらい(笑)」と感無量の様子だった。

[PR]

 主演の大沢は「こういう喜劇に挑戦するのは初めてでした。自分の代表作のひとつになったと自負しています」と胸を張った。今作は6月半ばから開催される上海国際映画祭のコンペ部門に出品が決まっており、現地入りする予定の大沢は「日本の良さを海外の人に気付いてもらえれば。反応が楽しみです」と抱負を語った。

 一方、ヒロインを演じる田中は「登場人物それぞれが悩みを抱えながらも一生懸命生きていて、心がすごく温まる作品です」と語り、既に続編が決定していることについて「末永く愛される作品になると思います」と自信をのぞかせて締めくくった。

 また、脇を固めるベテランの伊東は、「先日三谷幸喜さんから、(同じ日に封切りされる)彼の監督作の招待券をもらいました。すぐにこちらも(今作の招待券を)返しときました」とひょうひょうと語り観客を笑わせ、「いや、勝つとか負けるとかいうことではなくてね。最近はみなさんが日本映画に足を運んでくれるようになった。ますます客足が増えることを願ってます」と、日本映画界の活況ぶりを喜んでいる様子だった。

『築地魚河岸三代目』は、漫画原作によるさわやかな感動ドラマ。築地市場を舞台に、元エリートサラリーマンの主人公が、周囲に支えられながら「食のプロ」として成長していく様を描く。松竹が映画『男はつらいよ』『釣りバカ日誌』シリーズに続く人情ものとして新たに打ち出してきた本命映画だけに、今後息の長いシリーズとして期待が持たれている。

映画『築地魚河岸三代目』は、丸の内ピカデリー2ほかで全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]