アンジェリーナの父親ジョン・ヴォイト、「24」第7シーズンで悪役に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
これは7年前、仲のよいころのジョン・ヴォイトとアンジェリーナ・ジョリー - Avik Gilboa / wireImage.com

 娘アンジェリーナ・ジョリーから縁を切られたと言われている父親のジョン・ヴォイトが、テレビドラマ「24 TWENTY FOUR」の第7シーズンで悪役を演じることが発表された。

 ジョンが演じるのは第7シーズンのテロの黒幕で、現在南アフリカで撮影中の2時間スペシャルにも登場する予定だという。ジョンがテレビシリーズに出演するのは40年ぶりとのこと。オスカー俳優のジョンだが、今年の1月に映画『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』『トランスフォーマー』『ブラッツ』(原題)、『セプテンバー・ドーン』(原題)の4作品で2007年度ラジー賞の最低助演男優賞にノミネートされている。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]