ケンコバ「コブラ」大好きすぎて、原作者の寺沢武一を前に持ちネタが吹っ飛ぶ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
金髪美女と一緒にポーズ!

 24日、ラフォーレミュージアム原宿で新作アニメ化プロジェクト「COBRA THE ANIMATION」の制作発表会が開催され、原作者の寺沢武一、テレビ版監督を務める出崎統、コブラ役の野沢那智、音楽担当の池頼広、エンディングテーマ曲を歌う松崎しげる、そして作品のPR応援団長としてケンドーコバヤシが出席した。

 今年で30周年を迎えた「COBRA(コブラ)」の大ファンで、自ら“コブラ芸人”を名乗るケンコバは、長年あこがれ続けてきた原作者、寺沢と対面しド緊張した様子。「ハリー・ポッターを越える大ヒットにしたいので、応援お願いします」と寺沢から若干無茶な(?)注文が飛び出すと、恐れ多いとばかりに「手売りします!」と宣言していた。普段なら、おなじみのキメぜりふ「正気ですか!?」が飛び出してもいい場面だったが、巨匠相手にはそれどころではなかったようだ。

 背中を痛めたということで車いすに座っての登場となった寺沢は、コミック界の重鎮らしく、堂々としたボス的な雰囲気。今後の展開について「オフレコなんだけど(笑)、ハリウッドからオファーが来てないといえばウソになる」と関係者も冷や汗ものの暴露をしたかと思えば、「野沢(那智)さんのギャラがもう少し安ければいいんだけど」とぶっちゃけ、会場は爆笑の渦に。ケンコバをうならせた巨匠は、身近なスタッフやキャストにとっても、圧倒的な存在のようだ。

 「COBRA THE ANIMATION」はコブラ誕生30周年を記念した全3シリーズの新作アニメ化プロジェクト。その第1弾として8月に、原作者である寺沢が自ら監督、脚本、絵コンテを手掛ける「ザ・サイコガン」が全4巻のオリジナルビデオアニメーションとして発売される。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]