キム兄が「かわいい!」とゾッコンなのは、倍賞美津子!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
次の再婚相手は倍賞美津子?

 3日、6月7日の公開以来、着実に観客の心をつかんでいる映画『ぐるりのこと。』の大ヒット記念トークショーが、出演者の木村祐一橋口亮輔監督を迎えてシネスイッチ銀座で行われた。

映画『ぐるりのこと。』写真ギャラリー

 リリー・フランキー演じる主人公カナオに法廷画家の仕事を紹介する夏目先輩役で出演した木村は、現在初監督作品映画『ニセ札』(仮題)の撮影真っただ中。しかも主演は本作にも出演している倍賞美津子とあって、ベタボレの口ぶりで「かわいいっすよね」とベテラン女優をたたえると、橋口監督も「この僕でも倍賞さんとだったら結婚できるかもしれないと思った」と爆弾発言。これには「そんなこと肯定したら、キム兄再婚宣言。4度目は倍賞美津子ってなりますから」と木村が私生活ネタでオチをつけた。

[PR]

 また、最初から「夏目先輩役には木村さんのイメージがあった」と橋口監督から打ち明けられた木村だが、「何もしたくないですよねぇ」と休憩中にぼんやりつぶやく主演俳優に、「この人大丈夫かな」と心配になったと撮影を振り返った。さらに「あれはリリーさんの初日だったと思います」と聞かされ、「初日からあんなやったんですか」とあきれつつも、その脱力感が役にはまっていたことを認めた。

 そんな何もやりたくないタイプのカナオと、木村多江演じる妻・翔子の10年を描き、「この2人の姿に共感しながら観てもらえたら幸せ」と語る橋口監督が最後にとっておきのエピソードを披露した。それは本作を彼氏と観た後にプロポーズされたという若い女性に出会ったこと。その女性が見せてくれた満面の笑みに幸せを実感し、「皆さんにもそんな映画になればいいと思います」と結んだ。そんなエピソードに対し「すみません、僕この映画終わってから離婚してしまったんです」木村が自虐ネタ締めくくった。

映画『ぐるりのこと。』はシネマライズ、シネスイッチ銀座ほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]