大泉洋、ねずみ男引退で次は『花男』出演希望?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左から、ウエンツ瑛士、田中麗奈、大泉洋

 12日、丸ノ内ピカデリー2にて、映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』の初日舞台あいさつが行われ、主演のウエンツ瑛士北乃きい田中麗奈大泉洋間寛平佐野史郎寺島しのぶ室井滋、そして本木克英監督の総勢9名が勢ぞろいした。

映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』

 この日、ウエンツらキャストは、それぞれ名古屋、大阪、福岡に別れて舞台あいさつを実行。その後、東京に集結して18時から舞台あいさつを行ったのだが、中でも田中と福岡に行った大泉は「麗奈ちゃんのお父さんにごあいさつさせていただきましたよ。麗奈ちゃんがいなかったものですから、『どうも、お父さん』『いや~、麗奈とはねずみ男さんの読み合わせをやりましてね』『そうですか~』なんて、話させていただきまして」と田中の父親とのエピソードを披露。すると田中も、「そうなんですよ。たまたま父が泊まりにきたときに、次の日の撮影の練習がしたくて、初めて読み合わせをしてもらったんですけど、それが驚くほどうまくて! 酔っ払った感じまで出してくれて、本当に上手だったんですよ」と父親を絶賛。立つ瀬がなくなった大泉が、「じゃあもう、次のねずみ男は麗奈ちゃんのお父さんでいいじゃないですか。お父さんなら僕は甘んじて身を引きますよ」とねずみ男引退宣言までして、会場の爆笑を誘った。

[PR]

 その後も“舌”好調の大泉は、同じ日に映画『花より男子ファイナル』が大ヒット舞台あいさつを行っていることに触れ、「あいつらね、おれのいないスキにうちのシマを荒らしやがって。今日だって、(地元)札幌で舞台あいさつしようと思ったら、『花男』が来るらしいので、大泉さん一人じゃ誰も来ないですよとか言われて。それで仕方なく福岡に行ったら、あいつらわれわれが舞台あいさつをやる5時間後に同じところ来ると! 小栗旬なんかね、ジェットをチャーターしてるらしくて、『(福岡にも)立ち寄っちゃった』ってかわいらしいメールを送ってきまして。まぁ憎めないやつですけどね。要するに『花男』にも出してってことです」とまさかの手のひら返しで観客を沸かせていた。

 映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』は、昨年公開され大ヒットを記録したシリーズの第2弾。妖怪と人間の悲恋にまつわる呪いの秘密に、鬼太郎たちが挑む姿を描く。

映画『ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]