ブレイク寸前14歳の水沢奈子、野口五郎のダジャレに和んだ?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左から、水沢奈子、野口五郎、楳図かずお

 2日、シアターN渋谷で映画『赤んぼ少女』の初日舞台あいさつが行われ、主演の水沢奈子野口五郎斎藤工生田悦子浅野温子、原作者の楳図かずお、そして山口雄大監督が登壇した。

映画『赤んぼ少女』写真ギャラリー

 グラビアやテレビドラマ、そして映画とデビュー後、幅広い活躍を見せている14歳の水沢は本作で初の主演を果たした。それだけに現場ではかなり緊張をしたそうだが「先輩の皆さんのおかげで、お芝居が楽しくなった」と浅野ら名だたるキャスト陣に対し感謝のコメント。特に父親役の共演者、野口が撮影中たびたび口にするダジャレに和まされたと語った。

[PR]

 一方、ダジャレ連発を暴露された野口は「僕はMなので、本番前に追い込まれるとついついダジャレが言いたくなる」と告白。しかし普段からテレビ番組などでダジャレを連発している野口だけに、この告白にあまり説得力はなかった。

 『赤んぼ少女』は人気ホラー漫画家、楳図の幻の名作を映画化したもの。醜い容姿で赤ん坊のまま成長しないタマミが、愛を求めて大暴れする姿を描く。

映画『赤んぼ少女』はシアターN渋谷、シネ・リーブル池袋ほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]