小泉今日子の通な好みは、モジモジよりジメジメ?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
左から、犬童一心監督、上野樹里、小泉今日子と「グーグー」

 6日、話題の映画『グーグーだって猫である』が公開初日を迎え、犬童一心監督をはじめ、主演の小泉今日子上野樹里加瀬亮林直次郎、そして猫のグーグー親子が渋谷シネライズで舞台あいさつを行った。

映画『グーグーだって猫である』写真ギャラリー

 「とても楽しく和やかな撮影現場でした」と犬童監督が言うように、この日の舞台あいさつも実に和気あいあいとした雰囲気で、掛け合い漫才のような楽しいトークが展開された。天才漫画家の麻子(小泉)が思いを寄せる青年・青自を演じた加瀬は「僕がいつもやっている暗くてモジモジした感じだと小泉さんは絶対に好きになってくれないと思ったので、今回は男らしく潔く演じました」とコメント。それを受けMCが、「(青自を)好きになりましたか?」と小泉に聞くと「もちろん! だけど小泉本人としては暗くてジメジメした男の方が好きです」と意外な言葉が返ってきた。

[PR]

 また、本作が2本目の映画出演となる林は、「共演した皆さんはすっごい大物ばかり。いきなりラストボスと対決して、経験値がグッと上がったような感じです」とゲームに例えてコメントすると、すかさず上野が「わたしたち、対決してたの?」と不思議そうに切り返した。犬童監督はそんな若手俳優人らを温かいまなざしで見つめながら、「見ているだけで楽しくなるキャストとともに、吉祥寺という居心地のいい町で撮影したこの作品。幸せな気持ちが映画全体に表われていると思いますよ」と語った。

 フォトセッションでは犬童監督が猫のグーグーを抱え、小泉がその子どものチビグーグーを抱いての撮影となったが、実際に猫を飼っている小泉の猫の扱いはさすがに慣れたもの。カメラのフラッシュを嫌がり、横を向く猫に四苦八苦する犬童監督とは対称的だった。

 本作は少女漫画界の巨匠・大島弓子が、飼い猫たちとの愛しい日々をつづった自伝的エッセイ漫画を映画化した心温まる作品。

映画『グーグーだって猫である』は渋谷シネマライズ、シネカノン有楽町2丁目、新宿武蔵野館、池袋HUMAXシネマほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]