松山ケンイチ、ついに海外進出でレッドカーペット!トロント国際映画祭で『DMC』上映に観客大熱狂!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
Go To トロント! 松山ケンイチ

 5日(現地時間)、第33回トロント国際映画祭にて映画『デトロイト・メタル・シティ』がミッドナイト・マッドネス部門で上映され、主演の松山ケンイチと監督の李闘士男がレッドカーペットを歩いた。

映画『デトロイト・メタル・シティ』ギャラリー

 その名前の通り、ホラー映画や大人向けの作品を多数上映することから熱狂的なファンの多い、ミッドナイト・マッドネス部門。23時59分からスタートする本イベント開始の1時間以上前には、500人を超えるファンが長蛇の列で会場を取り囲み、前売り、当日共に完売。松山と李闘監督がリムジンで到着し、レッドカーペットを歩くと、ファンや海外のマスコミは飛びつくように質問やサインを求め、中にはKISSのジーン・シモンズのコスプレで駆けつけたファンもおり、二人は笑顔でファンたちの求めに応じていた。

[PR]

 本編上映中は、松山演じる根岸が登場するだけで客席から笑いが起きるなど上々で、最後のライブシーンでは映画に合わせて「Go To DMC!」のコールと拍手が巻き起こり、その様子はまさにライブさながら。日本から生まれたデスメタル映画が、言葉の壁や国境を越えて人々を熱狂させた瞬間となった。

 その後舞台あいさつに現れた松山は、観客から「メタルは普段聴くのか?」との質問に「特にこだわりはないです。クラシックからアニメ、ゲームのサントラまで聞きます。特に宮崎駿監督の映画で音楽を担当されている久石譲さんの音楽が好きです」とメタルとは程遠いジャンルを上げ、観客たちは実際の松山と、クラウザーII世とのギャップに驚いた様子だった。「松山ケンイチ最高!」「素晴らしい! 北米でも上映してほしい!」など観客から大絶賛された松山は、ハリウッドリメイクについて「そういう話があるのはうれしいような、悲しいような」と複雑な思いで語るも、「でも、僕自身はすごく観てみたいです!」とコメント。大成功を収めた今回の上映だが、これを機にクラウザーII世が海外進出となるのか? 今後の動向に注目していきたい。

映画『デトロイト・メタル・シティ』は全国東宝系にて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]