『イーグル・アイ』プレミアでシャイア・ラブーフが交通事故後初めて公の場に登場!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
タブロイド紙を騒がす若手スター、シャイア・ラブーフ - Photo by Ima Kuroda/www.HollywoodNewsWire.net

 16日(現地時間)、映画『イーグル・アイ』のロサンゼルス・プレミアが行われ、本作の主演であり、私生活ではトラブル続きのシャイア・ラブーフが交通事故後初めて公の場に姿を現した。

映画『イーグル・アイ』ギャラリー

 大勢のファンがレッドカーペットでスターたちを待ち続ける中、渦中の人シャイアはシックなスーツ姿で登場。そのほか共演のミシェル・モナハンロザリオ・ドーソンD・J・カールソー監督らもレッドカーペットを歩き、また世界で最もセクシーな女性ナンバーワンに選ばれた映画『トランスフォーマー』のミーガン・フォックスも会場に現れるなど、大歓声に包まれたプレミアとなった。

[PR]

 スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、構想に10年かかったという本作は、現代のテクノロジーの恐怖を描いている。シャイアは「すごく今っぽい作品なんだ。国の反対側からモニターされることだってある。とてもリアルで現代的な作品だと思う」と本作の完成度とリアリティーあふれる設定に、並々ならぬ自信をうかがわせた。泥酔状態でスーパーに不法侵入したり、禁煙エリアでの喫煙、差別ビデオの流出、そして交通事故などなどタブロイド紙を騒がす若手スターとなってしまったシャイアだが、映画『ディスタービア』『トランスフォーマー』『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』などで今ではスピルバーグの秘蔵っ子といわれるほどの実力の持ち主だ。

 「カールソー監督がいなければ僕がスピルバーグに紹介されることもなかった」と謙遜(けんそん)するシャイアだが、その表情はまんざらでもない様子。「今回の作品の製作中は『ディスタービア』とは全然違ったよ。スピルバーグがより情熱を持って『イーグル・アイ』に取り組んでいることが伝わってきたし、一緒に作り上げているという感じがしたよ」とシャイア。一方、カールソー監督はシャイアの成長ぶりについて「役者としてだけでなく、人間としても大きくなったよ。人生について違う角度から考えたりね」と絶賛。「シャイアの成長ぶりをぜひともスクリーンで楽しんでほしい」と太鼓判を押した。

映画『イーグル・アイ』は10月18日より丸の内ピカデリー1ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]