麻生総理大臣が金城武らと六本木のグリーンカーペットを堂々歩く!

第21回東京国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
麻生総理大臣とジョン・ウー、金城武、トニー・レオンら『レッドクリフ Part I』出演陣が六本木けやき坂のグリーンカーペットを歩く

 18日、第21回東京国際映画祭が開幕し、六本木ヒルズアリーナに続くけやき坂に敷かれたレッドカーペットならぬグリーンカーペットを世界中から訪れた映画俳優や監督が歩く中、現内閣総理大臣麻生太郎も『レッドクリフ Part I』の監督ジョン・ウー金城武トニー・レオンらとともにグリーンカーペットを歩いた。

 東京国際映画祭で内閣総理大臣がオープニングセレモニーであいさつすることは、小泉純一郎前総理のときのようにいままでもあったことだが、現役の総理がレッドカーペット(今回はグリーンカーペット)を歩くのは今回が初めて。

 麻生総理は車から降りると『レッドクリフ Part I』のジョン・ウー監督と固く握手し、楽しそうに会話を交わした後、出演者の金城武やトニー・レオンともがっちりと握手し、けやき坂のグリーンカーペットを歩くと、沿道の観客からは一斉に大きな歓声が沸き上がり、それが麻生総理の人気なのか金城やトニーの人気なのか、わからないほどだった。

[PR]

 六本木ヒルズアリーナに現れた麻生総理は、「21回目の映画祭? おめでとう!」と短くコメントすると、たくさんのSPたちに囲まれ、オープニングセレモニー会場に向かった。

 ジョン・ウー監督は「この『レッドクリフ Part I』は皆さんご存じの「三国志」を新しい映像で描いてみました。ただ、この物語に流れる愛・友情・勇気は不変のものです。皆さんに楽しんでいただけたらうれしいです」と述べた。

 今年、東京国際映画祭で採用されたレッドカーペットならぬグリーンカーペットは、今年の映画祭のテーマであるエコの象徴である色とのことからグリーンとなった。約200メートルの長さのこのカーペットは、約1万8千本の500mlのペットボトルを再利用して作られた。

 第21回東京国際映画祭は六本木ヒルズと渋谷Bunkamuraで10月18日から26日まで開催される。今年のコンペティション審査委員長は、アンジェリーナ・ジョリーの父、ジョン・ヴォイトが務める。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]