小悪魔スマイルの北川景子、塚地に「相方を変えたほうがいい」と痛烈ツッコミ!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
かわいいブサイク最高!

 22日、新宿明治安田生命ホールで映画『ハンサム★スーツ』の特別試写会が開催され、主演の塚地武雅ドランクドラゴン)、谷原章介北川景子がサプライズ登場し、舞台あいさつを行った。

映画『ハンサム★スーツ』写真ギャラリー

 今回、着ればハンサムになれるという特殊スーツのおかげで、ハンサムに大変身するブサイク男を演じた塚地は、司会者から「ブサイクを演じた塚地さん!」と紹介され、「早速、悪口言いますかぁ」といきなりテンションがダウン。何とか気を取り直し「ブサイクを演じました、ブサイク塚地と申します」と自虐的なあいさつで客席を沸かせた。

[PR]

 一方、変身後のハンサム男を演じた谷原は、塚地の味のある演技を褒めながらも「塚地さんは愛されるブサイク代表ですからね。愛嬌(あいきょう)があって、かわいいブサイク」とフォローのようでフォローになっていないコメント。演技を褒められ、一瞬だけ気を良くした塚地も「結局ブサイクなんですね」と再びへこむと、谷原は「はい、結局はブサイクなんです!!」と塚地にとどめを刺していた。

 そんなまるで芸歴の長い漫才コンビのような軽快なやり取りを見て、「塚地さんはコンビの相手を変えた方がいいんじゃないですか?」と意地悪っぽい小悪魔スマイルで、ある意味ごもっともなツッコミを入れたのが北川だった。これには塚地もすかさず「えっ、僕、誰かとコンビ組んでいましたっけ? あぁ~、あのメガネの子(相方の鈴木拓)ね」とトボけた答えで、再び客席を沸かせた。

 『ハンサム★スーツ』は人柄はいいが外見がブサイクな主人公(塚地)が、特殊スーツを着て、とびきりのハンサム男(谷原)に変身するというラブコメディー。人気放送作家の鈴木おさむが脚本を手掛けるこの作品では、鈴木の妻でもある森三中の大島美幸がワケありのブサイク女を好演している。

映画『ハンサム★スーツ』は11月1日より渋谷シネクイントほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]