西田敏行、シリーズ初参加の常盤貴子を「男前な女優」と絶賛!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「釣りバカ」シリーズに新風を吹き込んだ常盤貴子。

 25日、丸の内プラゼールにて映画『釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様』の初日舞台あいさつが行われ、主演の西田敏行三國連太郎浅田美代子常盤貴子山本太郎竹内力のほか、朝原雄三監督が登壇した。

映画『釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様』写真ギャラリー

 幅広い年齢層で埋め尽くされた館内では、キャストたちが登場すると大人や子どもから「ハマちゃん」コールが沸き起こり、映画同様にほのぼのムードが漂っていた。そんな人気シリーズに本作で初参加し、この日はタイトスカート姿で美脚を披露していた常盤は「日本全国でこのシリーズを心待ちにしている方が大勢いることを実感しています。素晴らしい作品に出演させて頂けてうれしい」と感無量の様子。その後に行われたヒット祈願の餅まきでは、なるべく多くの場所にいきわたるよう、客席に向けて楽しそうに餅を投げていた。

[PR]

 常盤は「歴代マドンナに加わって、緊張はしなかったか?」と質問されるも「緊張よりも楽しみの方が強かった」とキッパリ。そんな根性が据わった常盤を西田は「男前な女優だね。ウジウジしないタイプ」と絶賛した。さらに「常盤さんと竹内さんは日本人ばなれしている。2人がいると、イタリアのシチリア島で撮影しているような気分になった」とユーモラスに語り、周囲を笑わせていた。

 『釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様』は、常盤貴子が総務部の派遣社員役で登場する人気シリーズ19作目。ハマちゃん&スーさんコンビをはじめ、おなじみのメンバーたちが大分県へ社員旅行に出かけて、様々な出来事に遭遇する様を描く。

映画『釣りバカ日誌19 ようこそ!鈴木建設御一行様』は丸の内プラゼールほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]