ゲゲゲの鬼太郎歴代声優陣、野沢雅子、戸田恵子らが勢ぞろい!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
写真左から野沢雅子、戸田恵子、松岡洋子、高山みなみ

 26日、映画『劇場版ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!』の公開に先立ち、野沢雅子(1・2期)、戸田恵子(3期)、松岡洋子(4期)、高山みなみ(5期)ら歴代鬼太郎の声優陣と本作の監修を務めた京極夏彦が新宿・タバックで記者会見を行った。

映画『劇場版ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!』写真ギャラリー

 会見場に現れた鬼太郎の歴代声優陣。手には当時の鬼太郎のパネルを持ち、それを見ながら野沢が「1期は白黒で、体は二頭身半。時代とともに段々、鬼太郎もスリムに現代風に変わっているんですよ」と解説した。この面々が一堂に集結する機会は初めてだそうで、「わたしたちにとって、鬼太郎といえばマコさん(野沢)なんです。尊敬してやまないマコさんとご一緒できるなんて夢のよう。わたしにとって今日は最高のまつりでした」と戸田が言えば、高山は「遠足の前の子どものように、夕べは眠れませんでした」とコメント。また、「鬼太郎とともに育ってきた」という京極も「僕はアフレコの最中、1期から5期の鬼太郎が登場する度に鳥肌が立ちました。もうダメだ。今日は帰ろうかと思ったほど」と感無量の様子で話した。

[PR]

 「鬼太郎に出てくるキャラクターで好きなものは?」との質問には、野沢と戸田は「やはり、目玉おやじです。初代から現在まで声優の田の中勇さんが一貫して演じていらっしゃいますが、田の中さんはすごい」と声をそろえた。松岡は「わたしはある程度、年齢がいったら砂かけババアを演じてみたい」と話していた。

 アニメシリーズ初の劇場版となる本作は、名家の美少女・華が身辺で起こる怪事件について、鬼太郎に手紙で助けを求めたことをきっかけにストーリーが展開。人間世界と妖怪世界のバランスが崩れ、日本が危機に陥る。日本を救うため、鬼太郎たちが立ち上がる。

映画『劇場版ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!』は12月20日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]