ジャック・ブラック主演で「ガリヴァー旅行記」が再映画化

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
新ガリヴァーはオレ様!

 20世紀フォックスが、ジョナサン・スウィフトの古典「ガリヴァー旅行記」を再想像して映画化する作品の主演に驚くべき人物が決まった。ハリウッド・レポーター紙が、ジャック・ブラックが映画版『ガリヴァー旅行記』で主演を務めると伝えた。物語は、ジャック演じる紀行作家のレミュエル・ガリヴァーが、バミューダ諸島への旅の途中で小人たちが住むリリパット国を発見するアドベンチャーだ。アニメ『シャーク・テイル』のロブ・レターマン監督がメガホンを取り、撮影は来年3月から開始される予定だ。

 古典「ガリヴァー旅行記」はこれまでに何度も映像化されていて、有名なのはアメリカン・アニメーションの黄金時代に製作された1939年のアニメ『ガリバー旅行記』だ。原作を読んだことがない人でも、小人たちに縛り付けられたガリヴァーの絵は記憶にあるのではないだろうか。ジャック・ブラックによる新しいガリヴァー像はどのようなものになるか、今から楽しみだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]