画家・ダリを描く3本目の映画、アントニオ・バンデラスがダリ役に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
アントニオ・バンデラス

 シュールリアリズムの画家、サルバドール・ダリの人生を描く映画で、アントニオ・バンデラスがダリ役として交渉に入っている。

 映画『ダリ』(原題)は、映画『トゥームレイダー』『コン・エアー』を監督したサイモン・ウェスト監督がメガホンを握る。ダリを描く映画は本作のほかに、アル・パチーノ主演の映画『ダリ&アイ:ザ・シューリアル・ストーリー』(原題)と、映画『ハリー・ポッター』シリーズでセドリックを演じたロバート・パティンソン主演が主演する映画『リトル・アッシュズ』(原題)があるが、バンデラスはダリと同じスペイン人だけに、どんな画家像を見せてくれるのか楽しみなところ。バンデラス版では、第2次世界大戦後にダリがアメリカで過ごした8年間と破天荒な生き様、妻のガラとの愛などを描いていく。撮影は2009年の春にスペインとイギリスで開始する予定。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]