童顔で豊満バストの22歳!…と思いきや41歳!最高齢グラドルに稲川淳二も凍り付く!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
最高齢グラビアアイドル桜井美春と稲川淳二

 10日、一ツ橋ホールにて、ホテルの一室を舞台にしたスティーヴン・キング原作の映画『1408号室』トークイベント付き試写会が行われ、ホテルの支配人にふんした稲川淳二と最高齢グラビアアイドルの桜井美春がメイドのコスプレでステージに登場した。

映画『1408号室』

 夜もめっきり冷え込んできたこのごろ。怪談といえば真夏の夜というイメージが強く、季節外れの稲川の登場だったが「本来、恐怖モノというのは冬のもの」と語り、続けて「青白い夜空があって、半欠けの月、枯れ枝があって、風がピュ~と吹くでしょ? 霊的な地場が強くって、本当は冬の方が多いんですよ」と早速の稲川ワールドに火がついた。その後、本作の舞台であるホテルにちなんで、自身がビジネスホテルで体験した怖い話を披露。会場は一層肌寒くなった。その話を横でかれんな表情を浮かべながら聞き入っていたのが桜井。

[PR]

 桜井の豊満なバストの上には本作のタイトルにもあるホテルの部屋番号「1408」のナンバープレートが。本作に、切っても切れない縁で登場したという桜井の年齢について、稲川が観客席に向かって「おいくつだと思います、奥さん?」と上手に回すと、客席からは「22歳!」との声が。しかし桜井の実際の年齢は何と41歳(!)。幼い顔とメイド服からスラッと伸びた足。それにナイスバディーな体形からは想像のつかない年齢で、会場からは稲川の怖い話を聞いたときのリアクション以上に、悲鳴のような驚きの声が上がった。「本当は22歳くらいなのに、ウソをついてるんじゃないの?」と稲川が疑うほど見た目は若く、37歳のときには、23歳とサバを読んでレースクイーンとして活躍していたそうだ。

 本作との切っても切れない縁というのは、司会者いわく、公開年の今年2008年と、桜井の年齢41歳という数字を組み合わせると1408になるという無茶苦茶なもの。大半の観客はポカーンとしていたが、それでも桜井の41歳という年齢の衝撃は薄れることはなかった。 

 『1408号室』はオカルト作家のマイク・エンズリン(ジョン・キューザック)がとあるホテルの1408号室に足を踏み入れたことから始まる恐怖を描いた作品。

映画『1408号室』は11月22日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]