デス・レースクイーンが露出度抜群な衣装をまとい、有楽座をセクシーに占拠!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
悩殺! デス・レースクイーン

 29日、映画『デス・レース』の公開初日を記念し、本作ナビゲーターであるデス・レースクイーンの、華彩なな藤井梨花小倉遥雨坪春菜の4人が有楽座を占拠し、観客たちを悩殺した。

映画『デス・レース』写真ギャラリー

 映画をイメージしたセクシーな衣装で、劇場入口に姿を現したデス・レースクイーン。「いらっしゃいませ」「楽しんでいってくださいね」という彼女たちの超色っぽい出迎えに、男性の観客は喜びを通りこし、やや緊張気味な面持ちで劇場へと入っていった。デス・レースクイーンの衣装はオフィシャルサイトを通じて、「この衣装をこの娘に着せたい」という一般の投票結果を基に決まったもの。

[PR]

 かろうじて局部を隠している程度の露出度抜群な衣装をまとった華彩は「デザイン的にすごく気に入ってます。色がゴールドなのも好き」と満足気。藤井は「わたしのは胸元がハート型に開いたデザインと手錠がポイント。手の自由が利かないのがちょっと大変だけど」とセクシースマイル。小倉は「わたしはカッコいい系のポリススタイル」。雨坪は「黒とピンクの組み合わせがかわいくてお気に入り」とそれぞれの衣装をアピールした。

 その後、サイン入りパンフレットの販売や、観客限定100人との記念撮影会などを行ったデス・レースクイーンたち。撮影を終えた25歳の男性は「4人の美女に囲まれて夢のよう。あまりにセクシーで目のやり場に困りました。まあ、視線は彼女たちの胸元に行ってしまいましたが……。今夜は眠れないかも」と興奮気味に話してくれた。

 『デス・レース』は四方を海に囲まれたターミナル・アイランドと呼ばれる脱出不能の刑務所で行われる、生き残りを懸けた囚人たちの、命懸けのレースを描いたエンターテインメントムービー。主演はジェイソン・ステイサムナタリー・マルティネス

映画『デス・レース』は有楽座ほかにて全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]