パトリック・スウェイジ、「死期が近い」のうわさを否定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
パトリック・スウェイジ - Barry Brecheisen / wireimage.com

 すい臓ガンで化学治療を続けているパトリック・スウェイジだが、アメリカの複数のタブロイド紙で「死期が近い」と報じられたことに対し、全面的に否定した。

 ガンの告白以来、前向きに治療に専念し、元気そうな姿をたびたびファンに見せてきたパトリックだが、「ナショナル・エンクワイアー」誌は、パトリックのガンは肝臓に推移し、死の淵であると報道。また「ザ・グローブ」紙では表紙にパトリックの写真を掲載し、「スウェイジ、死の床の秘密」と見出しをつけた。そのほかにも、新聞や雑誌でパトリックの病状が思わしくないと伝えられている。これに対してパトリックは、ピープル誌で声明を発表。問題の記事に書かれた「死の淵にあり、涙を目にためた家族に別れを告げた」という内容について、「ウソであり、間違った情報だ」とコメントし、「化学療法は闘いだが、今のところ僕は勝っている」と治療がうまく行っていることを主張した。現在、刑事ドラマ「ザ・ビースト」の撮影を行っているパトリックは、撮影終了後にはクリスマスの休暇を自宅で過ごす予定とのこと。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]