中村勘太郎、禁欲生活は少しだけ…普段は業まみれと内田有紀がツッコミ!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
中村勘太郎と内田有紀

 17日、浜離宮朝日ホールにて映画『禅 ZEN』の舞台あいさつが行われ、主演の中村勘太郎内田有紀高橋恵子そして監督の高橋伴明が登壇した。

映画『禅 ZEN』写真ギャラリー

 今回、中村は道元禅師を演じるにあたり、禁欲生活を行っていたと思いきや「この格好をしていたので、さすがにお酒は飲まなかったですね。でも、タバコはダメだとは聞いていなかったから……。しかも、お寺でタバコが売られていましたし……」と本音をポロリ。ヒロインの内田からも「勘太郎君は普段は業(ごう)まみれなんです」とツッコまれていた。

[PR]

 道元禅師の母親を演じた高橋監督の妻である高橋は「実年齢も実際もおばあちゃんなので、母親をやっていいのかと迷いました」と話すものの、美しさはまだまだ衰えておらず、「結婚して26年が経ちましたが、今回の作品は一味も二味も違います」とアピール。司会者から「素敵な奥さまですね」と言われた高橋監督は「おかげさまで」と答え、仲むつまじい姿を披露していた。

 『禅 ZEN』は、ただひたすら座る“只管打坐(しかんたざ)”の精神を貫いた道元禅師の人生を描く歴史ロマン。キャストたちは実際に禅の修業を体験して撮影に臨むなど、徹底した役作りの成果をいかんなく発揮している。

映画『禅 ZEN』は2009年1月10日より角川シネマ新宿ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]