三池崇史が監督するテレビドラマをタランティーノが映画化!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
津田寛治と岡本奈月

 24日、舞浜・シネマイクスピアリにて、テレビドラマ「ケータイ捜査官7」劇場上映&トークイベントが行われ、津田寛治岡本奈月、企画の石川光久が登場した。

 シリーズを監督しているのは、映画『クローズZERO』『ヤッターマン』などを手掛けるあの三池崇史監督。同時に製作総指揮にも名を連ね、そのクオリティーは高く評価されている。津田は「監督はいつもニコニコ笑っているし、強くアピールもしないけれど、常に作品と心中しようという気でいる。監督のテンションが高いから自分も限界を超えられる!」と大絶賛。主演の窪田正孝についても「常に入り込んでいて、テンションも高いのに演技が空回りしない、生まれつきの才能。撮影が休みの日も『(休むと)役を忘れる』って、スタッフの誘いも断って台本を読んでるんですよ」とこちらも大絶賛した。

 そんな熱い現場で製作された本作には、すでに大物監督も目をつけているらしく、石川は「(クエンティン・)タランティーノ監督が5月に来日する。あの人は何かやりたいものがあるときは勝手に来るんです(笑)。(本作品を)もしかして……がある、かも?」とまさかの映画化を予言。これには集まった観客も大興奮! 津田と岡本も「ぜひぜひ出たい!」と鼻息を荒くしていた。

[PR]

 この日のイベントは、朝から夜までシリーズの上映がされ続けるという長丁場。どっぷり浸り続ける観客に、サイン入りの原作本やTシャツがプレゼントされるなどイベントは大盛り上がり。最後に津田が「ものすごくかっこいい作品。ケータイ捜査官をどうぞ愛してください!」と叫び、新たな伝説誕生の予感に大拍手が巻き起こった。

 「ケータイ捜査官7」は、家出したところを暴走する工事作業機械に襲われた高校生のケイタ(窪田)。それから守ってくれた滝本(津田)の意思を引き継ぎ、ケイタは犯罪捜査組織のエージェントになるが……。

テレビドラマ「ケータイ捜査官7」はテレビ東京系にて毎週水曜19時より放送中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]