栗山千明、大木凡人に変身(?)も「ムレムレだった」と苦労を語る!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
レーズンまきで大ヒット祈願!

 28日、映画『鴨川ホルモー』の大ヒット祈願イベントが神田明神で行われ、主演の山田孝之栗山千明濱田岳石田卓也芦名星が節分に先駆けて、豆まきならぬ、映画に出てくるオニの大好物であるレーズンをまいて映画をPRした。

映画『鴨川ホルモー』ギャラリー

 映画に出てくるオニとは、陰陽師として有名な安倍晴明が自在に操ったという式神のこと。本作はそのオニたちを奇妙なオニ語で操り“ホルモー”という祭をする、謎のサークルに入った京大生たちの奮闘を描くコメディーだ。

[PR]

 山田は、初のコメディーにやる気満々に臨んだそうで「全裸で踊るシーンは恥ずかしいと思ってたけど、やってみると開放感があって楽しかった。スクリーンいっぱいケツ出してます!」と出来上がりに自信をのぞかせた。大木凡人そっくりのオカッパ頭に黒ブチメガネの女子大生、ふみちゃんを演じた栗山は、自身の変身ぶりに「いい感じ、気に入ってます」と楽しんで演じたそうだ。「ただ京都ロケは暑かったので、カツラがムレムレでした」との苦労も。一方、芦名はアドリブを連発する山田にずいぶん戸惑ったようで、「初日の撮影でゴニョゴニョとしゃべっていて何を言ってるの全然わからず、自分のセリフをどのタイミングで言えばいいのか困った」と撮影を振り返り、苦笑していた。

 『鴨川ホルモー』は、ドラマ化され話題を呼んだ「鹿男あをによし」で直木賞候補にもなった万城目学の同名小説の映画化。濱田は「世知辛い世の中に一石を投じるバカ映画だと思う(笑)」と豪語。全編京都でロケした古都の街並みの美しさはもちろん、その中を最新のVFXを駆使して造形したオニたちが縦横無尽に動き回る映像が見どころ。本木克英監督は「2009年の上半期で最も面白い映画になったと思う」と自信たっぷりに語った。

映画『鴨川ホルモー』は4月18日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]