ブラッド・ピット製作のベストセラーの映画化作品へジュリア・ロバーツが出演か?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ブラッド・ピット

 ジュリア・ロバーツが、ベストセラー自叙伝の映画化作品へ出演するかもしれない。ハリウッド・レポーター紙が、コロンビア・ピクチャーズがエリザベス・ギルバートの自叙伝「イート、プレイ、ラブ:ワン・ウーマンズ・サーチ・フォー・エブリシング」(原題)の映画化権の交渉中であると伝えた。また、同映画化作品にはジュリアが出演交渉中で、映画『ハサミを持って突っ走る』のライアン・マーフィーが監督と脚本を手掛け、制作会社プランBのブラッド・ピットデデ・ガードナーがプロデュースする予定だ。原作は、30歳代に入った既婚女性が自らが望む人生を送っていないことに気付き、夫と別れて自分探しの旅に出る物語だ。

 この映画化企画は2006年から進んでいて、パラマウント・ピクチャーズが映画化権を獲得した。今回、コロンビアはパラマウントと交渉して映画化権を獲得することになる。企画当初から映画化にかかわってきた主演のジュリアとプロデューサーのブラッドにとっては、中断していた映画化がこれで一気に進むことを望んでいるだろう。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]