デミ・ムーア「仕事より家族が一番大事」

第59回ベルリン国際映画祭

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
記者会見に臨むデミ・ムーア - Photo:Yukari Yamaguchi

 2月11日(現地時間)、ベルリン国際映画祭で映画『ハッピー・ティアーズ』(原題)のワールドプレミアが開催され、ミッチェル・リヒテンシュタイン監督はじめ、主演のデミ・ムーアパーカー・ポージーほかが会見した。

第59回ベルリン国際映画祭コンペ作写真入り

 コンペティション参加作の本作では、デミとパーカーが父の看病のため故郷に戻ってくる姉妹を演じ、家族が1つのテーマとなっている。デミは「家族はずっと続いていくものだけど、仕事はそうではないわ。だから家族が一番大事」とコメントし、とりわけ年若い夫アシュトン・カッチャーについては「私が働きやすいようにスケジュール調整してくれる。ほんとうに感謝しているわ」と語った。

 その言葉通りレッドカーペットには夫婦そろって姿を現し、デミが報道陣に応じている間、アシュトンがファンにサインをして回るなど、夫唱婦随ならぬ婦唱夫随の様子を見せた。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]