旬を過ぎたカンニング竹山「今はオードリーの時代」と自虐コメント!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
佐々木蔵之介、カンニング竹山、與真司郎、寺島しのぶ

 9日、映画『守護天使』の完成披露イベントが六本木オリベホールで行われ、主演のカンニング竹山をはじめ、共演の佐々木蔵之介與真司郎寺島しのぶ、そして佐藤祐市監督が登壇した。

 本作が映画初主演となった竹山はオファーを受けたときの気持ちを、「あー、ドッキリが来たんだと思いました」と語り、「実は今もまだドッキリかと疑ってるんですが、僕はバラエティー芸人として、もう旬じゃないんで。そんなヤツをドッキリも追いかけないでしょ。今はオードリーの時代だから」と自虐コメントで暴走を開始。

 さらに映画のPRのための記者会見であるにもかかわらず、「基本的に仕事はすべて嫌い。本当は20代のころみたいに借金して一日中パチンコしてる生活がいい」と過激発言が飛び出す始末。司会から「だから、(薄給サラリーマンの)主人公とうまくリンクしたんですね」と指摘されると、いきなりキレだし「あんたは借金の怖さを知らないだろう! 一日30件以上留守電が入ってるんだぞ! 1か月15万円も利息払うんだぞ!」とわけのわからないコメントで、会場の笑いを誘った。

[PR]

 そんな竹山を温かく見守っていたのが妻の勝子を演じた寺島。「テレビのバラエティーで竹山さんを見ながら、いつかは共演するような気がしていたんです。ある日、夢に竹山さんが出てきて、その翌日、この映画のオファーが来たので、運命だと思って引き受けました」と笑顔で話した。ちなみに寺島が語った竹山の魅力は「影があって、暗そうなところ」だとか。

 本作は大不況のニッポンを生きる等身大の3人組(竹山、佐々木、與)が誰に頼まれるでもなく、裏サイトの魔の手から女の子を助けるため必死で奔走する姿を描いたハートフルストーリー。金なし、職なし、未来なしの3人組は彼女を無事に救出できるのか……。

映画『守護天使』は6月より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]