ディズニーアニメ最高傑作『ウォーリー』には驚きの秘密が隠されていた!!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画『ウォーリー』には知られざる数多くのトリビアが! - (C)Disney/Pixar.

 第81回アカデミー賞で、長編アニメーション賞を受賞した映画『ウォーリー』の本編映像には、実は一瞬では思わず見逃してしまうお宝が数多く隠されていた。劇中では、ゴミ処理ロボットのウォーリーが仕事をしながら宝探しに興じる姿が印象的だったが、観客も映画を観ながら、レアな瞬間を探し集める感覚を味わえる!

映画『ウォーリー』

 まずはディズニー/ピクサー作品のファンを思わずニンマリさせるのが、過去の作品に登場した名物キャラクターがチラッと姿を見せる瞬間だ。例えば、ウォーリーが自宅のコンテナに収集したコレクションの中には、あの名作映画『トイ・ストーリー』の人気者、恐竜のレックスの姿が! また、山積みされたゴミの山の中には同じく『トイ・ストーリー』に登場するピザ・プラネットのトラックが捨てられている。さらにクライマックスの舞台となる宇宙船アクシオムのデザインは、ディズニークルーズラインのクルーズ船がヒントになっているのだ!

[PR]

 『ウォーリー』の中に散りばめられたお宝は、そのマニアックさからコアなSFファンをもうならせている。例えばウォーリーの友だちであるゴキブリのハル。このネーミングはスタンリー・キューブリック監督のSF金字塔映画『2001年宇宙の旅』に登場する人工知能コンピュータHAL9000と、映画『紀元前100万年』など1920年代を中心に活躍した監督のハル・ローチから命名されている! また宇宙船アクシオムのマザーコンピュータの声を務めているのは、ベテラン女優のシガーニー・ウィーヴァー! かつて映画『エイリアン』で宇宙貨物船ノストロモ号のマザーコンピュータと対決した彼女が、本作では逆の立場でコンピュータ役をクールにキメているのだ。

 最後に、主人公ウォーリーのデザインに隠された秘密をお教えしよう。無機質なロボットなのに、なぜか愛らしくて親近感を覚えてしまうウォーリーの顔は、アンドリュー・スタントン監督が野球観戦中に、観客が双眼鏡でピントを合わせたり、レンズを動かしている様子から思いついたものなのだ。やっぱりキャラクターの命は、目に宿る! 何より、プライベートでも常に映画のアイデアを追いかけ、身近なものからヒントを見つけるアンドリュー監督のクリエーター魂には脱帽である。

 DVDの特典映像には本作で登場するキャラクターのオリジナルのストーリーが収録されているなど、数々のお宝が眠っている『ウォーリー』。きっと「映画館で観たけど、そんな映像には気付かなかった」という人も多いはず! ぜひともDVDやブルーレイディスクで、クリエーターたちの愛あふれるこだわりを何度でも堪能してほしい。

 今回発売される5種類の商品の中には、ブルーレイディスクとDVDがセットになった『ウォーリー ブルーレイ・プラス・DVD セット』というユニークな商品がある。「今はDVD環境しかないけど、そろそろブルーレイディスクを導入したい」と思っている人にぴったりだ。

 映画『ウォーリー』DVD(税込み:3,360円)、ブルーレイディスク(税込み:4,935円)、ブルーレイ・プラス・DVD セット(税込み:5,880円)ほか全5種類は、ウォルト ディズニー スタジオ ホーム エンターテイメントから4月22日より発売

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]