DAIGOに独占インタビュー!ますますパワーアップしていく勝者の要因は?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ガチで観てください!

 4月8日に31歳の誕生日を迎えたばかりのDAIGOに、新たな一年への抱負や最近初挑戦した仕事について話を聞いた。2008年にブレイクして以来、本業のミュージシャンとしてだけでなく、バラエティーやドラマ出演など、さまざまなジャンルで目覚しい活躍を見せている。今回、新たに映画『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』でアニメの声優に初挑戦するなど、その勢いはとどまることを知らない。

映画『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』写真ギャラリー

 劇場版の本シリーズに、ゲスト声優が採用されるのは初の試みだ。大抜てきされたDAIGOは、事件にかかわる重要人物である水谷という青年を演じている。アフレコの様子がマスコミ向けに公開された際には、MCから公開ダメ出しをされていたが、「小学生のときにみんなの前で怒られたのを思い出しました。マジで落ち込みそうになりました」と当時を振り返った。しかし、「それも愛のムチだと思って頑張りましたよ。アラサーでこんな経験をするもの貴重じゃないっすか(笑)」とDAIGOらしいポジティブな発想で乗り切ったことを明かした。

[PR]

 そんな苦労もありつつ出来上がった作品は「マジ、ハンパないっすの一言ですよ! マジ、僕の声だと気が付かないかも。きっと観終わって1時間くらいしたら、『あれ? あの声DAIGOじゃない?』ってなるかも(笑)」と仕上がりに大満足の様子だった。そして、「今回の声優のように、これからもいろんなことにチャレンジしていきたいです」と力強くコメントした。なぜなら、「すべてのことがエンターテインメントという意味で共通しているんですよね。バラエティーで刺激を受けたことによって曲ができることもありますよ」とすべての経験を自分の財産として、今後の活動に役立てていきたいと抱負を語った。いろいろな刺激を受け、そこで感じたことを常にポジティブな態度で受け入れているDAIGO。そんな謙虚な姿勢を持ち続けているからこそ、“一発屋”ではなく、ますます活躍の場を広げてパワーアップしているのだろう。7月には昔からの夢だったという日本武道館でのライブも控え、ますます目が離せない。

 『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』は人気シリーズ「名探偵コナン」の劇場版第13弾。コナンは宿敵である“黒ずくめの男たち”と対決のときを迎え、史上最大の危機に直面する。コナンが犯人を見破れるかどうかも重要だが、観客がDAIGOの声を見破れるかどうかも重要なポイントだ。

映画『名探偵コナン 漆黒の追跡者(チェイサー)』は4月18日より全国東宝系ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]