キーファー・サザーランド、ブルック・シールズを転ばせた男を頭突き

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
キーファー・サザーランド - Kevin Mazur / WireImage / Getty Images

 テレビドラマ「24 TWENTY FOUR」のキーファー・サザーランドブルック・シールズの名誉を守るためデザイナーに頭突きをくらわした。

 TMZ.comによると、事件はニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されたイベントのアフター・パーティで起きたらしい。目撃者によるとプロエンザ・スクーラーのデザイナー、ジャック・マッコローがブルック・シールズを転ばせたらしく、その一部始終を見ていたキーファーはジャックに歩みより、ブルックに謝罪するよう求めたという。うるさいという風にキーファーを押したジャックに、キーファーが頭突きを食らわせたようだ。

 ジャックは鼻を切るケガを負い、警察が事件を調査しているとのこと。問題はキーファーが酒気帯び運転の罪で保護観察の身であること。法を遵守しなければ保護観察違反になる可能性もある。

一方、転ばされたブルック本人は何がなんだかわからないよう。「何も起きていなかった。ジャックが不適切なことをしたわけでもない。なぜキーファーがあんな行動を取ったのかはわからない」とブルックのスポークスマンはコメントしている。しかし、TMZ.comが「ジャックはブルックの体を触ったのか?」との質問に対しては「わからない」と答えており、スポークスマンの知らない何かをキーファーが目撃して助けにいった可能性もあるようだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]