吉高由里子、撮影現場では孤立?「アウェー」で加瀬亮と不仲だった!?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
仙台が“ホーム”だったらしい加瀬亮と小日向文世、アウェーの吉高由里子(左から)

 映画『重力ピエロ』の初日舞台あいさつが23日、東京・新宿バルト9で行われ、主演の加瀬亮岡田将生小日向文世鈴木京香吉高由里子岡田義徳、脚本家の相沢友子さん、そして森淳一監督が登壇した。

映画『重力ピエロ』写真ギャラリー

 仙台で行われたロケを通して、家族を演じた加瀬や岡田、小日向らは「深いきずなで結ばれた」と口々に明かしたが、途中から撮影に合流したという吉高は「すでにチームワークが出来上がっていたので、アウェーな感じで皆さんと仲良くなれなかった(笑)」と現場での孤立を告白。さらに劇中、加瀬から激しく問い詰められるシーンを振り返り「“加減”という言葉を知らない人」と加瀬のSっ気あふれる性格を暴露した。

[PR]

 加瀬は「ごめんね」と謝りつつも、「今回の撮影で驚かされたのは、やっぱり吉高ですね。こちらの予測を飛び越えた演技をするので新鮮で……ある意味大変だった」と苦笑しながらお返し。胸にたまった膿(うみ)を出し合い、ようやく打ち解けた様子(?)だった。

 映画『重力ピエロ』は強いきずなで結ばれた兄弟(加瀬、岡田)が、仙台市内で発生する連続放火事件の謎を追いかけながら、長年封印された家族の秘密と向き合う姿を描いたサスペンスタッチの家族ドラマ。原作は人気作家、伊坂幸太郎氏の同名ベストセラー。

『重力ピエロ』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]