『ROOKIES』2日間で興収12億円超、最終興収100億円へホームランスタート-6月1日版

映画週末興行成績

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
100億円見えた?小出恵介(左)と佐藤隆太 - (C) STUDIO HITMAN / 映画「ROOKIES」製作委員会

 平均視聴率19.5パーセントを記録したTBS系人気ドラマの劇場版、映画『ROOKIES -卒業-』が大方の予想通り、堂々の初登場第1位を獲得した。全国428スクリーンで公開され、土日の2日間で観客動員数は98万7,387人を記録し、興行収入は12億2,527万8,650円とホームラン級の大ヒットスタートを切った。

映画『ROOKIES -卒業-』写真ギャラリー

 累計2,000万部の売り上げを誇るカリスマ的人気同名コミックを佐藤隆太市原隼人小出恵介城田優ら今をときめくイケメンキャストで映像化。劇場版はドラマの続編にしてオリジナルストーリーの完結編。熱血教師と不良生徒たちが高校野球を通じて友情を育み、成長していく姿を、若者を中心に幅広い層から支持を集めた。原作に忠実なコミカルな演出を盛り込んで描かれており、エンターテインメント作品としても親しまれている。

[PR]

 配給元の東宝が行ったアンケート調査の結果によると、鑑賞動機では、「TBSのドラマを見て、よかったから」が半数以上を占め、「出演者が魅力的」、「熱くて、泣けそうだから」という回答が続く。また、テレビCM、情報番組やバラエティー番組で映画を観ようと決めた観客が多いことから、大々的なパブリシティー展開の効果が動員に大きく結びついていることをうかがわせている。2008年6月28日公開の映画『花より男子ファイナル』(最終興収77.5億円)との初日2日間の興収比較が121.7パーセントで、「興収90億円も射程圏内」と、本年度興収ランキングでも首位争いが期待できるオープニングとなった。6日に主演の佐藤隆太らが大阪・TOHOシネマズ梅田など関西の3会場で舞台あいさつする予定。

 続く第2位、第3位は映画『天使と悪魔』『余命1ヶ月の花嫁』で、それぞれ順位を一つずつ下げた。ほかに初登場では、第4位に映画『スター・トレック』。世界的大人気ドラマシリーズ「スター・トレック/宇宙大作戦」を基に、映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』、テレビドラマ「LOST」などの鬼才J・J・エイブラムス監督が再構築し、VFXを駆使したスペクタクルかつ臨場感あふれる映像で描く。主演は映画『スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい』の新星クリス・パイン。

 第6位には、映画『お買いもの中毒な私!』。ショッピング中毒のヒロインが騒動を繰り広げるロマンチックコメディーで、製作はヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマー氏。映画『ベスト・フレンズ・ウェディング』のP・J・ホーガンがメガホンを取った。

 次週は、SMAP木村拓哉ジョシュ・ハートネットイ・ビョンホンら日米韓イケメンスター競演で話題の映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』、人気ドラマの劇場版映画『ハゲタカ』などのランクインが予想される。だが『ROOKIES』ブームはまだまだ収まらない?!

(ランキングは興行通信社調べ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]