ダイアン・キートン、撮影中にケガをして病院に搬送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ダイアン・キートン - Jean Baptiste Lacroix / WireImage / Getty Images

 63歳になるダイアン・キートンが、新作映画の撮影中にケガをして病院に運ばれた。

 ニューヨークで新作コメディー映画『モーニング・グローリー』(原題)を撮影しているダイアンは、相撲取りの格好をするシーンで頭を打ってしまい病院に連れて行かれたという。映画会社によると、ダイアンの体調に問題はないらしい。「ダイアンは『モーニング・グローリー』(原題)の撮影中に転倒し、頭を打ちましたが、体調は良好で元気です。念のため病院で検査を受けましたが、明日から撮影に戻る許可を医師からもらっています」と声明を出している。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]