エマ・ワトソンの胸元全開ドレスに驚愕!セクシー過ぎて目のやり場に困るも…垣間見えた乙女心

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
1970年代のヴィンテージドレスを着こなすエマ・ワトソン

 現地時間7月7日にロンドンのオデオン・レスタースクエアおよびエンパイア・レスタースクエアで行われた映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』のプレミアに現れたエマ・ワトソンの身につけていたセクシードレスに注目が集まっている。

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』写真

 エマがこの日身につけていたのはオジー・クラークのドレスで1970年代のビンテージもの。しかし、このドレスを着たエマを見るときに誰もがつい視線がいってしまうのがその胸元。胸元強調ドレスどころか、なんと胸元全部見せドレス。エマのスレンダーなボディーにフィットして、いやらしさはまったく感じないものの、その色っぽさはやはり目のやり場に困るほど。特に撮影中エマにベタボレだったルパート・グリントは爆発寸前に違いない。

[PR]

 しかし、そんな男性陣の色目もどこ吹く風、エマはこのドレスをファッションとして気にいっているようで、「ビンテージはとても楽しいわ。どれもオリジナルだし、自分の好きなものを見つけられるのはうれしいわ!」と一時はシャネルにハマッたりしていたエマだが、最近ビンテージがマイブームであることを明かした。

 そんなエマの女優魂を垣間見たのは、そのドレスを着たエマが車に乗り込んだとき。群衆の前ではあんなに堂々と着こなしていたエマが、プライベート空間に戻った瞬間、逆に胸元を手で押さえるようにして隠したのだ。多分無意識なのだろうが、エマの乙女心がかいま見えた瞬間だった。

 エマは、最近名門ブラウン大学に入学したことが明らかになり、女優業と学業の両立の難しさを周囲にもらしているという。今は映画『ハリー・ポッターと死の秘宝』の撮影に全力投球中だが、終わり次第女優を引退もしくは休業するのではないかと言われている。

映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』は7月15日(水)より丸の内ピカデリー1ほかにて全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]