フィリップ・K・ディック原作のSF映画の主演はマット・デイモンとエミリー・ブラントに決定

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
再び当たり役なるか?-マット・デイモン

 映画『ブレードランナー』『トータル・リコール』『マイノリティ・リポート』『スキャナー・ダークリー』の原作者として知られるフィリップ・K・ディックの短編小説が映画化されることが明らかになった。

 ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、フィリップ・K・ディックの短編小説「調整班」(小説「悪夢機械」に収録)を映画化する『ジ・アジャストメント・ビューロー』(原題)でマット・デイモンエミリー・ブラントが主演を務めるとのこと。原作小説は世界が何者かによって調整されていることを知るSF小説だが、映画は舞台を現代に映し、マットとエミリー演じる有望な若手政治家と美しいバレリーナの二人が惹かれあいながらも奇妙な偶然によって引き離されていくSFラブストーリーとなる予定だ。監督と脚本は映画『オーシャンズ12』『ボーン・アルティメイタム』でマットとコンビを組んだ脚本家のジョージ・ノルフィがあたり、本作はジョージにとって監督デビュー作品となる。

 マットとジョージのコンビで本作も、記憶を失った元CIAの暗殺者ジェイソン・ボーンを主人公にしたボーン・シリーズのようにスピーディな展開になることだろう。また、映画『プラダを着た悪魔』以降、ハリウッドでも人気急上昇中のエミリーとの共演も楽しみだ。

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]